You are here: Home » 光回線とADSL » 光回線とADSLの違い

光回線とADSLの違い

インターネットを使用しようと思った場合、光にするか、ADSLにするか迷ってしまうことが多いと思います。

どちらにもメリットとデメリットは存在します。それを比較し、自分の家庭に合った回線を選ぶとよいでしょう。

まず、開通工事で比較すると、ADSLのほうが容易で、利用開始までの期間も短くて済みます。
使いたいと思ってすぐに利用出来るというメリットがあるのに対して、光回線だと申し込みから
数週間~数か月かかる場合があります。また、最低利用期間が、ADSLだと1か月のところに対し、
光は1年間とすることがあるので、簡単にやめられないというデメリットがあります。

しかし、速度でいうと断然光回線のほうが速いでしょう。ADSLは光よりも速度が遅いうえに、
NTT局舎からの距離が伸びれば伸びるほど、速度が落ちると言われています。

動画やゲームなどをしたいのであれば、光回線の高速通信を利用した方がより楽しめるでしょう
。調べ物をする場合なども、ページを開く時間を待たずにサクサクと行えるので便利です。

しかし、せっかくの速度も、マンションで1本の回線を住人で分け合うと言う形をとると、通信が遅くなる場合もあります。

また、料金はマンションだとその住んでいるマンションのプランにより、ADSLよりも安くなる場合があるのですが、
一戸建てだと光回線のほうが料金は高額になってしまいます。

自分がどのようにインターネットを利用していきたいのか、また、一戸建てか集合住宅か、
集合住宅なら回線は分け合うのか、そのあたりをしっかり見極め、料金を比較して、後悔しないような選び方ができるとよいでしょう。