You are here: Home » auひかりデメリット » auひかりが抱えているデメリット

auひかりが抱えているデメリット

auひかりは非常に速い高速回線として知られていますが、実はちょっとした問題があります。
対応しているエリアがまだ小さいために、利用できない所が幾つかあります。
最初は関東圏だけを対象としていたので、これはやむを得ない事情もあると考えてください。
ただエリア自体はかなり広がっているので、今では全国で利用できる所も増えているのが現状です。

これ以上に問題となっているのが、回線を入れたからと言ってテレビのサービスが増えるということはありません。
一部の回線では、テレビのサービスが増えて便利だなと感じることはありますが、auひかりにはそのようなサービスは一切なく、
テレビの恩恵を受けられないという問題が出てしまいます。昔は地上デジタルが利用できないと言われており、
結構苦労していた家庭も数多くあります。テレビと一緒に利用したいなら、別の回線を検討した方がいいでしょう。

このデメリットに加え、実はプロバイダの少なささというのも問題になっています。
auひかりを提供している会社は本当に少ないため、あまり選択肢が広くありません。
対応しているエリアの小ささの問題を先ほど書きましたが、実はプロバイダが少ないために提供できない部分が出来ていると考えてください。
そのためauひかりは選択肢を広げるための対策を考えています。ただ現状ではかなり少ないことは事実ですし、
選択肢を狭めているというのはあまりいいことではありません。これがauひかりのデメリットとなります。